これまで一般的だった在来木材工法では、高い耐震性を維持するた
めに家の至る箇所に柱や壁が必要でした――
しかし「SE構法」では、木造でありながらSE金物とSボルト
を使ったラーメン構造によって「30畳を超えるLDK」や
「その階全てが仕切りのないワンルーム空間」
のような、圧倒的に開放的な大空間が実現可能となりました。
また、部屋同士の区分けを「構造上動かせない壁」で仕切る必要が
なくなり、将来的なリフォームの可能性を持たせることも可能に。




「大きな窓をつける」ということは、その分「壁を減らす」ということ。
つまり、一般の在来木造では耐震上弱くなっていく設計です。
だから耐震的に限界が生じます。
SE構法のラーメン構造なら、南面に壁いっぱいの窓をつけたり、
天井まで届くような高窓や建物のコーナー部分に窓をつけたり。
のような、圧倒的に開放的な大空間が実現可能となりました。
あたたかな太陽の光が差し込み、気持ち良い風が通り抜け、視覚的
にも広がりのある窓にすることで、心地良い暮らしが実現できます。

ー 吹き抜け

別荘建築において「吹き抜け」は魅力的な設計の一つですが、構造体を弱くする要素でもありました。SE構法なら大きな吹き抜けでも耐震性が劣らないよう構造計算をすることで、安心してデザインに取り入れることができます。

ー ビルトインガレージ

愛車を綺麗な状態に保ち、趣味の空間にもなる「ビルトインガレージ」。SE構法では、ラーメン構造により、柱や壁をなくした2台並列の設計や、愛車の整備や洗車を楽しめる効率的な空間設計が可能です。

ー スキップフロア

スキップフロアは、視線の抜けを楽しめる一方、床の高さが異なり構造的な難易度の高いのがネック。SE構法では、しっかりとした検証とシミュレーションにより部材や金物を決めるため、安心の別荘建築が可能となりました。

SE構法の言葉の由来は
「工学的に安全な構法(Engineering for Safety)」。
ラーメン構造だけでなく、在来木造の壁に比べて2倍以上の強度を
持つ独自の「耐力壁」を採用しています。
さらに十分に乾燥された高品質の「構造用集成材」を強度ごとに分
類。どの部位にどの部材を使うか、綿密な構造計算と組み合わせる
ことで、建物ごとに最適なコストパフォーマンスの実現につながり
ます。もちろん耐震等級3を取得可能に。科学的に裏付けされた高
い安全性を誇ります。

Copyright GReeN SeeD Lab All rights reserved